ロデオ猿のミワ、脱走・コンビ解消から2年 三段池動物園の人気者

2021年09月10日 のニュース

 京都府福知山市猪崎、三段池ラビハウス動物園(二本松俊邦園長)で、以前イノシシの「ウリボウ」と一緒の飼育舎の中で育てられていたニホンザルの「ミワ」が、別の飼育舎で暮らすようになり、もうすぐ2年になる。2匹でいるころは激しい気性で、来園者たちを威嚇する姿も見せていたが、今では落ち着いた様子で、のんびりとした日々を送っている。

 ミワとウリボウは、ともに生後数週間で親と離ればなれになり、2010年6月に保護され園へやって来た。その後、ミワがウリボウの背中に乗るロデオ姿で散歩する仲むつまじい姿が人気となり、全国から大勢の人たちが来園。新聞やテレビで度々取り上げられ、日ごろのんびりとした園が入場制限をするほどのブームとなった。

 大きくなり始めてからは一緒の飼育舎の中で暮らすようになり、ミワがウリボウの餌を取ったりして、やんちゃぶりを発揮。来園者たちにも、おりごしに飛び掛かってくるなどの荒々しい様子を見せていた。

 2匹は仲良く暮らしていたが、19年6月にミワが飼育舎の鉄柵を壊して脱走。その後9日ぶりに捕獲されて園に戻った。この“脱走劇”を機に、9月25日からミワは別の頑丈な飼育舎に移され、1匹で暮らすようになった。

 離れた当初ミワは落ち着かず、おりの中をぐるぐる回って周囲を警戒していた。その後、1匹での生活にも慣れ、今は食欲旺盛だ。

 ミワを目当てに訪れる人は今も多い。おりの前に取り付けられているロープと滑車で、餌を入れたバケツをおりの手前まで運んでいける仕掛けを利用し、来園者が与える餌も食べている。

 一方、ウリボウは1匹になってから、餌の横取りもなく、“悠々自適”に暮らし、少し体重が増えたよう。

 ミワの年齢はウリボウと同じ11歳で、人間でいうと24、25歳ほど。二本松園長(76)は「ミワは、以前と違って暴れることなく、来園者にも愛嬌を振りまいています。ニホンザルたちが集団で暮らす園の猿ケ島に入れることはできないので、今後もこのまま1匹で、のんびりと過ごしてくれれば」と話している。
 
 
写真上=落ち着いた雰囲気のミワ
写真中=紙面(マスコミ)初登場となった2匹。当時はまだ名前がなく「赤ちゃんザルとウリボウ」(2010年7月30日付)
写真下=ロデオ姿で散歩し始めた(2010年8月30日付)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。