川口中で生徒が栽培のゴーヤが豊作 朝市で販売して復興支援に

2020年09月05日 のニュース

 京都府福知山市野花の川口中学校生徒会(小阪純花会長)は、校内でゴーヤ栽培に取り組んでいる。収穫した実は地元の人が佃煮にして朝市で販売し、収益金は災害復興支援に役立てることにしている。現在たくさんの実ができていて、生徒たちは毎日のように収穫に汗を流している。

 川口中は2012年度から、授業でゴーヤ栽培をしていて、昨年度からは生徒会の美化・ボランティア委員会(津根響委員長)が「KFP(川中生徒会復興支援プロジェクト)」を立ち上げ、生徒による自主活動として取り組んでいる。

 今年度のKFPには全校生徒48人中36人がボランティア登録。6月26日に、プランター25個にゴーヤの苗を植えた。プランターは職員室がある校舎外に置き、天座区の松田幸男さん(68)から栽培の指導を受けながら世話を続けてきた。

 猛暑の中、順調に育ち、北陵地域公民館から提供を受けた柵をつたってつるが伸び、横約12メートル、高さ約3メートルのみどりのカーテンができている。

 盆ごろから実ができ始め、夏休み中は教職員が、2学期が始まってからは生徒たちが収穫している。4日までに138個が取れ、住所(すみんじょ)朝市代表の審千鶴子さん(75)=住所大山=に渡し、佃煮にしてもらい、8月上旬から朝市に出されている。

 栽培、収穫は今月いっぱい続ける予定。長さ約20センチの大きな実ができていて、葉の茂りも良いという。津根委員長(3年)は「取り切れないぐらいたくさんの実ができて良かった。災害復興支援のため、より多くの実を収穫したい」と話す。
 
 
写真=ゴーヤの葉が繁る緑のカーテンの中に入り、実を収穫する生徒たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。