京都府が豚コレラ予防対策 8千頭にワクチン

2020年01月21日 のニュース

 家畜伝染病の豚コレラ(CSF)の感染予防のため、京都府は15日から18日までに、府内で飼育されているブタ約8千頭にワクチン接種をした。福知山市内では17日にあり、市動物園や個人所有など計35頭に接種した。

 豚コレラは、ブタやイノシシがかかるウイルス性の伝染病で、これまで岐阜や三重、埼玉、沖縄、大阪など9府県の養豚場などで、感染が確認されている。人に感染することはない。

 京都府内では確認されていないが、発生地域に隣接するなどしており、国が接種推奨地域に設定。国から接種プログラムの承認が得られたため、生後1カ月未満の子ブタを除いて初回の一斉接種をした。

 今回の接種は無料で、府家畜保健衛生所獣医師職員が、養豚場などをまわり接種。これ以降、新しく生まれた子ブタについては、順次接種していくが、1頭あたり200円かかる。

 市内では、猪崎の市動物園で飼育されているミニブタとイノシシ(「ミワ・ウリ」コンビのウリボウ)にもワクチンを打った。

 また野生のイノシシ対策として、府は経口ワクチン投与に取り組む予定で、対策協議会を立ち上げて散布計画を作成中。2月からの実施をめざしているという。
 
 
写真=福知山市内での接種の様子(京都府提供)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。