宝船、宝恵駕籠が巡行 11年ぶりに初えびす復活

2020年01月10日 のニュース

 福知山商工会議所青年部(岸本道徳会長)は、「初えびす」を京都府福知山市内の中心市街地で9日に催した。11年ぶりの復活で、宝船や福女を乗せた宝恵駕籠が巡行したほか、福男レースを初開催。多くの人が見物に訪れ、商売繁盛、家内安全などを願った。市、両丹日日新聞社後援。

1994年に始まった新春の初えびすは、2009年を最後に途切れたが、地域活性化や商売繁盛の機運を高めよう-と復活させることに。新たに立ち上げたEVISU-MARU委員会(谷龍太郎委員長)を中心に、準備を進めてきた。

宝船は、2トントラックを改造した従来のものを使用。長さ7メートル、高さ6メートルほどある。当日は、七福神に扮した青年部OBらを乗せ、福女が乗る宝恵駕籠とともに、広小路商店街の市商工会館前を出発。新町、ききょう通り、駅前など各商店街を巡行した。

時折、雨が降るあいにくの天気になったが、「商売繁盛でササ持って来い!」の掛け声を響かせ、太鼓を打ち鳴らしながら練り歩き、行く先々で手打ち式もして、商売繁盛を祈願していた。


写真=七福神を乗せた宝船が巡行した

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。