福知山の初代福男は自衛官 「初えびす」で

2020年01月11日 のニュース

 商売繁盛、家内安全を願う「初えびす」が京都府福知山市で11年ぶりに復活。一番福を決める福男レースが9日、初めて開かれた。福知山商工会議所青年部主催。

市内在住の42人が出場。くじでスタート位置を決め、広小路通りの福知山鉄道館ポッポランド2号館付近から、御霊公園までの300メートルを走り抜けた。

一番福に輝いたのは、陸上自衛隊福知山駐屯地の日野隆宏さん(34)。最前列からのスタートで、中盤あたりで単独トップに立つと、そのままの勢いでゴールした。

日野さんは「おめでたいイベントで一番になれたこと、また広報を担当しているので、自衛隊のPRにつながったのもうれしい。みなさんに福をお裾分けして、福知山の盛り上げにも貢献したい」と笑顔。「来年もあるのなら、連覇を目指したい」と話した。


写真=一番福に輝いた日野さん

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。