マナーの向上へ電車内で生徒に声掛け 市少年補導委員ら

2019年12月05日 のニュース

 電車内での高校生たちのマナー向上をと、京都府福知山市の少年補導委員(補導員)たちはこのほど、JRと京都丹後鉄道の福知山駅を出発する電車に乗り込み、下校する生徒たちに声掛け補導活動をした。

 福知山駅は、市内の高校に通う生徒約2千人が利用する。

 補導活動はJR山陰線、福知山線、舞鶴線と丹鉄宮福線で行った。補導委員18人のほか、市教育委員会、福知山署員ら12人の計30人が参加した。

 参加者は、福知山駅から5班に分かれて乗車。荷物を通路で広げたり、大声で騒いだりしていないか生徒の様子を確認。かばんで座席を占拠していた生徒に注意する場面もあった。
 
 
写真=マナー指導をするため電車に乗り込んだ少年補導委員ら

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。