キック、ムエタイ国内3冠持つ小学6年生 世界王者を目標に細見君

2019年09月06日 のニュース

 京都府福知山市内にキックボクシングとムエタイ(タイ式ボクシング)の国内タイトルを3つ保持している小学生がいる。西佳屋野町の細見樹斗君(11)=雀部小6年=。小学1年生のころからキックボクシングを始め、現在は兵庫県神戸市内のジムに通って練習を続ける。将来はプロ選手になる目標を持っており、「もっと強くなりたい」と上をめざす。

小学1年の9月ごろ、福知山市内でキックボクシングやグローブ空手を教える福知山ジムに通い始め、練習を重ねた。約2カ月後の11月には、公式戦初出場の関西グローブ空手交流大会・少年大会(新人戦小学1・2年生の部)で優勝した。

3年になってからは、神戸市のロイヤルキングス・ジムに移籍。平日の練習には、今も学校が終わってから父親の俊明さん(40)が運転する車や高速バスで片道約1時間半かけて通っている。

昨年12月にはピーターアーツスピリット2018全日本大会のU-10・34キロ級(トーナメント)で優勝し、チャンピオンになった。今年4月にはネクスト・レベル第4回ジュニア日本統一王座決定戦の30キロ級(ワンマッチ)で勝ち、同級の王座に就いた。6月に開かれたムエタイの大会、グリーンボーイファイト(トーナメント)で優勝。3本目のタイトルベルトを獲得した。

3大会とも右足のくるぶしを骨折していたが、痛みに耐えて栄冠を勝ち取った。

8月に開かれたWBCムエタイジュニア大会(同)にも出場したが、惜しくも3位になった。

細見君はミドル・ハイキックが得意で、冷静に相手の動きを見て戦うタイプ。9月からは、より強い選手が集まる神戸市のモンスタージャパン・ジムに移り、週5回のペースで練習する。

今後もいろいろな大会に出場したいと考えていて、俊明さんは「どんな試合でもあきらめず、高みをめざしてほしい」とエールを送る。

細見君は「キックボクシングはずっと続けていきます。日々練習を重ねて強くなり、世界チャンピオンをめざします」と大きな目標を掲げる。


写真=国内のタイトル3つを保持する細見君

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。