空き家問題解決へ 市と4団体が連携

2019年07月22日 のニュース

 京都府福知山市は19日、空き家対策に関する協定を、京都弁護士会、府建築士会、府宅地建物取引業協会、土地家屋調査士会の4団体と締結した。社会問題となっている空き家について、未然防止や除去、活用促進などの面で連携し、課題の解決に向けて協力していく。

 全国的に管理不十分な空き家が増えており、市では16年に「適正管理に関する条例」を制定。これに伴い、空家等対策協議会を設置し、17年には対策方針や実施体制、予防策などを定めた対策計画を策定した。

 自治会長へのアンケートなどを基に、空き家の現地調査も実施。空き家と確認されたのは1197軒で、所有者への意向調査アンケートを行っており、現在はこの結果をふまえ、さらなる対策を検討している。

 協定の締結は、高度な専門性を持った関係機関と連携することで、対策をより効果的に進めるのが目的。協力事項として、管理不全防止に向けた所有者への啓発や相談対応▽空き家の流通・活用促進▽権利関係の整理-などを挙げており、具体的な内容は今後詰めていくという。

 19日に市役所で締結式があり、大橋一夫市長と各会の会長、副会長らが出席。大橋市長は「空き家対策は喫緊の課題。みなさんの専門的な知識で支援いただき、対策を推進していきたい」と伝えた。

写真=協定を締結した4団体の代表と大橋市長

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。