水面にかれんな花 畑田池でスイレン見ごろ

2019年06月23日 のニュース

 京都府の「ため池百選」の一つ、福知山市野笹の畑田池で、スイレンの花が見ごろを迎えている。池の水面に茂る葉の間からピンクや黄色の花が多数咲いている。

 畑田池はもともと、かんがい用の池で、地元住民が池に数株植えたのが始まり。その後、次第に株が増えた。現在は地元自治会など地域ぐるみで管理している。

 住民によると、今年は4月終わりごろから咲き始めた。以前は池の大半を株が覆いつくしていたが、近年はシカに新芽を食べられて株数が減っているという。

 8月末ごろまで咲き続けるが、一番の見ごろは6月終わりごろから7月中ごろにかけて。藤田博明・野笹自治会長(61)は「午前中に花が開くので、ゆっくりと眺めてほしい。これから梅雨に入り、曇り空になると、一層花が引き立ちます」と話している。

 池の周りにはシカ除けのフェンスがあるが、開けて自由に出入りすることができる。自治会では「見終わったあとはフェンスの扉を閉めてほしい」と呼びかけている。

 

写真=水面に開くスイレン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。