来春の統合へ向け交流深める 修斉・天津小学校

2019年06月24日 のニュース

 京都府福知山市半田の修斉、勅使の天津両小学校が、来年4月に統合される。子どもたちは一緒に給食を食べるなど交流を深め、両学区の大人たちは統合協議会を設立し、児童たちが楽しい学校生活が送れるようにと話し合いを始めた。

 両校の児童は、昨年度から統合に向けた合同学習をしてきており、もっと長い時間をともに-と20日、天津小の全校児童が、給食の時間から5校時までを修斉小で過ごした。

 給食の時間に修斉小へ到着した天津小の児童たちは、学年ごとの各クラスへ分かれて入った。5年2組では天津小の児童3人が修斉小の32人に迎えられ、班に分かれて給食を囲んだ。

 児童たちはテレビ番組、最近あったことなどを話しながら和気あいあいと過ごし、昼休みには一緒に遊んだ。

 天津小5年の岩口朱音さんは「もっと他のみんなと話ができるようになりたいです。大勢での授業についていけるかも心配ですが、これから頑張りたい」と話していた。

 掃除のあと5校時の授業があり、両校の保護者たちが参観に訪れた。

■統合協議会を設立■

  統合協議会の設立総会は修斉小学校で開かれた。新体制へ円滑に移行できるよう、今後、幹事会、教育部会、PTA部会に分かれて学習環境や通学などについて検討を進める。

 

写真=修斉小と天津小の児童が一緒に給食を食べた

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。