学校園で梅収穫 地元の人と一緒に佐賀小1、2年生

2019年06月22日 のニュース

 京都府福知山市私市、佐賀小学校(山口明日子校長)の1、2年生5人が、敷地内の梅園で21日に「ふれあい梅ぼり(収穫)」をした。地元の更生保護女性会(間島美也子代表)の会員と協力して約3キロを集めた。

 同校の恒例行事。生活科の学習の一環で、毎年1、2年生が収穫している。15年からは更生保護女性会との交流を目的に、一緒に行っている。

 長袖、長ズボンに帽子姿の児童たちは、梅園に着くと「あっ、あった」と声を出して喜んだ。木の高い位置ばかりに実がなっていたため、子どもたちは実を見つける役、大人が竿ではたき落とす役と、役割を分担した。

 子どもたちは、木の下でかごを広げて持ち、落ちてくる梅をいくつもキャッチした。

 1年生の大志万琉永君は「梅は思ったよりも取れたので、うれしいです。大きいサイズのもありました。地域の人と一緒にできて楽しかったです」と笑顔を見せていた。

 24日は、女性会とお手玉などの昔遊びをして親睦を深める予定。

 

写真=地元の更生保護女性会員と協力して梅ぼりする佐賀小の児童たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。