惇明小で通学路点検 大津の事故受け念入りに

2019年05月11日 のニュース

 京都府福知山市内記五丁目の惇明小学校(芦田昌雄校長、582人)は10日、学校公開日に合わせて通学路点検に取り組んだ。保護者、地域住民らが子どもたちと一緒に下校し、通学路の危険箇所などを確認。8日に滋賀県大津市で、信号待ちをしていた保育園児らの列に車が突っ込み16人が死傷する事故が起きたことを心にとどめ、保護者らは念入りにチェックした。

 同校では毎年この時期に通学路の点検をしており、危険箇所へのガードレール設置、白線の修復といった改善点をまとめて市などへ報告している。

 この日、下校前には教員らによる横断歩道の渡り方指導もした。信号待ちの時は車道に近づきすぎないこと、班長と副班長が班員の横断を守ることなどを下校班ごとに徹底。校庭に引かれた白線で道路を渡る練習をしたあと、帰路に就いた。

 帰り道では、車が急に出て来そうなポイントをチェック。保護者らは、子どもたちの道路の歩き方なども確認した。

写真=校庭で横断歩道の渡り方の練習もした

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。