温かい応援ありがとう 惇明児童クラブに返礼

2021年02月22日 のニュース

 京都府福知山市厚中問屋町の福知山市民病院(香川恵造院長)は、新型コロナウイルス禍のなかで、日々地域医療を守る病院に激励のメッセージをくれた惇明放課後児童クラブにこのほど、返礼状などを送った。

 市民病院に1月、同クラブから、児童約70人が模造紙2枚に書いた医療従事者へのメッセージが届いた。

 病院は1階ホールに掲示し、スタッフらが見て元気をもらっている。そこで、児童クラブに、感謝の気持ちを伝える返礼状と病院スタッフの集合写真を送った。

 香川院長は「小学生のみなさんが、緊張が続く医療現場のことを考えて応援してくれる気持ちが本当にうれしく、温かい思いに感動しました。応援に応えるためにも、職員が一致団結し、より良い医療を提供できるよう頑張ります」と気持ちを引き締めていた。

写真=惇明放課後児童クラブに「ありがとう」。返礼の集合写真

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。