「もう、てんやわんや」動物園に福知山城、3年ぶりに家族づれらでにぎわう

2022年05月06日 のニュース

 3年ぶりの行動制限なしで迎えたゴールデンウィーク中盤の3日~5日の3連休は行楽日和に恵まれ、京都府福知山市内の観光施設は連休を満喫する人たちでにぎわった。

■動物園

 ゴールデンウィーク中の開園が3年ぶりとなる三段池ラビハウス動物園(猪崎)は、入場待ちで一時、長蛇の列ができた。

 4日に受付窓口で慌ただしくしていた二本松俊邦園長は「こんなに多いのは久しぶり。もうてんやわんやで忙しすぎる」と、一日当たり2千人を超える人出にうれしい悲鳴を上げた。

 親子連れを中心に次々と来園者が訪れた。

 「子どもが動物好きなので1年ぶりくらいに来ました」(舞鶴市・32歳女性)

 「まだ遠出はしたくないけれど、『近場の屋外ならいいかな』と子どもたちと初めて来ました」(同・39歳男性)

 「2年ぶりです。うさぎの餌やりが楽しかった」(兵庫県丹波市・小学3年女児)

 「夫婦で来ました。前回は新型コロナウイルス禍以前なので3年ぶりですね。当時まだ小さかったレッサーパンダのことが気になっていたけれど、成長した姿を見られて良かった」(綾部市・74歳男性、67歳女性)

■福知山城

 こちらも連休中の開館は3年ぶりの内記一丁目の福知山城天守閣。京阪神を中心に東京方面などから来福した人もいて、3、4両日の入館者数はコロナ流行後にはなかった4桁の1100人以上と好調だった。

 横山晋館長は「ゴールデンウィーク前半は一日600人超だったので、一気に増えました。3日は閉館時間が近い午後4時すぎにも来館者がいて忙しくさせてもらった」と話していた。

 静岡県の50代の夫婦は「明智光秀の城ということは知っていたけれど、大河(2020年NHK大河ドラマ麒麟がくる)でより深く知って、行きたいと思っていました。城周辺の景色が良かった」と話していた。

 近くで福知山観光協会が運営する「福知山城おみやげ処」によると、城最寄りの駐車場は京阪神ナンバーの車が多く見られたという。店員は「おみやげ処にも開店前から並んでいる人がいました。予想以上の人出でした」と目を丸くした。

 動物園も城もマスク着用、手指消毒、体調チェックなどの感染防止対策をしている。


写真上=にぎわう動物園(いずれも5月4日)
写真下=多くの人が訪れた福知山城

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。