前回集団接種だと医院で3回目の予約が受けてもらえない? 市民に戸惑いの声

2022年02月18日 のニュース

 京都府福知山市の新型コロナウイルスワクチン3回目接種について、両丹日日新聞社に読者から戸惑いの声が寄せられている。その内容を基に取材した。

 3回目接種は、対象年齢層が幅広くて人数が多く、かつ短期間で2回の接種をしなければいけなかった前回よりは小規模になり、市は医療機関での個別接種を中心にした態勢を組んだ。会場を設営して行う集団接種は土、日曜日だけなので、集団接種よりも個別接種の方が早いケースは出てきそうだ。

 2月10日に読者の50代女性からメールが寄せられた。

 2回目まで集団接種だった夫が、今回は仕事帰りに行こうと職場の近くで自身のカルテがある医療機関に予約を申し込んだところ、「2回目までをここで接種した人しか受け付けできません」と断られたという。女性は「私も前回は集団接種だったので、とても不安になった。3回目はこのような医療機関が多いのでしょうか」と話す。

 接種事業を担当する福知山市健康医療課に聞いた。

 ワクチン3回目の個別接種は、29医療機関でできる。接種券と一緒に届く一覧表には「受診歴のある人のみ」「当院にて1、2回目を接種した人のみ」「定期通院者のみ」などの条件を設けているところがある。

 2月から65歳以上の一般高齢者への接種が本格的に始まったことを受けて、ワクチンの供給状況やスムーズな接種ができるようにと、接種対象の条件を限定的にした医療機関が新たにあり、女性の夫はこのパターンに出くわしたことが分かった。

 また、2月第2週に接種券を手にした60代男性は、慌てなくても月内には予約が取れるだろうと考えていて、動きが遅れた。2回目までと同じところに電話をすると、3月になるといわれて予約は見送った。

 かかりつけ医は「2回目接種者のみ」が対象なので駄目。集団接種はもっと先になる。知っている他の医療機関は、すでに受け付けをストップしているなど、なかなか見つからず、たまたま空きが出た3月6日の集団接種会場の枠を押さえて落ち着いた。ただ居住地からは距離がある。「安易に考えていたので、結構焦ってしまいました」と振り返る。

■ファイザー、モデルナ半々■

 3回目接種に使うワクチンは、2回目までと同じファイザー製と、今回が初めてになるモデルナ製がある。内訳はほぼ半々になるとみられる。

 ファイザー製は、市立福知山市民病院と同大江分院を除く医療機関での個別接種用にあてているが、現時点で大半の医療機関が「モデルナ製も使用可能」とする意向を示している。

 個別接種についての詳細情報は各医療機関に問い合わせるのが確実だが、市新型コロナウイルスワクチン接種コールセンター=電話0773(45)8566=でも、「できる限りの情報提供に努めたい」としている。

■「接種券を早く」 コールセンターに問い合わせ多く■

 同コールセンターへの問い合わせで一番多いのは「接種券を早く送ってほしい」との内容という。接種券は年齢にかかわらず2回目接種から6~7カ月の間に市から届く。

 市は「早く届かないと接種できなくなるということはないので、落ち着いてほしい」と理解を求めている。

 
 

写真=ワクチン3回目接種の接種券入り封筒が順次、対象者に届いている

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。