日本農業賞で大賞 JA京都にのくにの「万願寺甘とう」

2022年02月18日 のニュース

 京都府の福知山、舞鶴、綾部3市で生産され、JA京都にのくに(迫沼満壽組合長)の特産品で、全国で人気の高い万願寺甘とう。第51回日本農業賞の集団組織の部で、生産者たちで作る「JA京都にのくに万願寺甘とう部会協議会」(添田潤会長、326人)が、大賞に選ばれた。

 同賞は日本放送協会、全国農業協同組合中央会、都道府県農業協同組合会が主催し、農林水産省、各都道府県が後援している。

 日本農業の確立を目指し、意欲的に経営や技術に取り組み、地域社会の発展にも貢献している農業者と営農集団、食と農との距離を縮める取り組みを表彰している。

 個人経営、集団組織、食の架け橋の3部がある。最優秀の大賞は個人経営、集団組織の両部で3つずつ、食の架け橋の部は1つを選んだ。これとは別に、特別賞、優秀賞、奨励賞も決めた。

 集団組織の部には全国から95件の応募があった。最初に取り組みなどについての書類審査があり、通過した団体には現地審査が実施される。

 万願寺甘とう部会協議会への現地審査では、3市の生産者代表が対応。福知山からは「万願寺甘とう福知山部会」の北山慶成部会長が審査を受け、生産者の思いや生産状況などを伝えた。

 審査の結果、地道に産地化やブランド化を進めてきた姿勢▽新規就農者の積極的な受け入れ▽協議会が一丸となった栽培技術向上の取り組みやPR活動▽生産物の品質などが高く評価された。

 表彰式は27日に実施され、添田会長らがオンラインで出席する。


写真=昨年の出荷セレモニーで万願寺甘とうのPRに立つ添田会長(右)と迫沼組合長

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。