【速報】福知山市長と教育長の陰性が判明 市職員1人は陽性

2021年08月09日 のニュース

 福知山市は9日、新型コロナウイルスに感染した市職員の接触者、大橋一夫市長(67)と、濃厚接触者の端野学教育長(71)が陰性だったと発表した。府の検査対象になっている市職員21人中18人の検査結果が判明。市長、教育長を含む17人が陰性で、1人が陽性だった。渡辺尚生副市長(59)と残り2人の検査結果は10日に判明するという。

 市役所では4、5両日で職員2人の感染が判明。市長を含む10人が接触者、端野教育長ら11人が濃厚接触者となり、計21人が経過観察の自宅待機をして府の検査を受けるなどしている。

 9日に検査結果が判明したのは、接触者9人と濃厚接触者9人。このうち、濃厚接触者の1人だった市立図書館中央館勤務の50代女性の陽性がわかった。

 市は今回の結果を受け、市立図書館中央館を10日から16日まで臨時休館とする。三和、大江、夜久野3分館と産業支援センターは通常通り。陰性が確認された大橋市長と接触者8人は10日から通常業務に復帰する。

 陰性となった端野教育長ら8人の濃厚接触者は、感染者と最終接触のあった日から2週間が経過する17日ごろから通常勤務になる見込みだという。

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。