山崎の桃、1週間ほど早く満開 「いつもは桜の後だけど」

2021年03月30日 のニュース

 京都府福知山市の桃の産地、山崎地区の桃園で、ピンク色の花が咲き、周囲を華やかに彩っている。今年は例年より開花が1週間ほど早く、近くで咲く桜と美を競い合っている。

 農家2軒が栽培している桃園で、広さは約1・5ヘクタール。現在5種類、約250本が植えられている。

 今年は5日ほど前に開花。田辺忍さん(78)の栽培地では現在ほぼ満開の状態で、枝のあちこちに花が付く。

 大きくて甘い実ができるように、つぼみを摘み取る摘蕾作業をしていて、これから摘花作業も進めていく。

 田辺さんは「昔は桜の花が終わったあとの4月中ごろに咲いていましたが、年々開花の時期が早まっているようです」と話す。

 桃園は獣害防止の柵が設けられているが、昼間は花見をする人のために出入りできるようにしている。
 
 
写真=ピンク色の花を付ける桃

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員募集

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。