新型コロナのワクチン、府北部にも届く 福知山市民病院8日に接種開始

2021年03月06日 のニュース

 米製薬大手ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンが京都府北部へも届き、5日に北部の拠点病院の一つ、福知山市厚中町の福知山市民病院(香川恵造院長)に搬入された。勤務する医療従事者の接種用で、届いたのは975回分にあたる195瓶。

 午後0時20分ごろに到着したワクチンは薬剤師が受け取り、超低温冷凍庫に入れて保管。8日から、医師、看護師、薬剤師ら希望者885人に、4~5日かけて1回目のワクチンを接種する予定という。

 ワクチンは今後も随時搬入されるといい、ほかの市内の病院でも、医師らへの接種が、今後開始される見込み。

 市によると、接種スケジュールは、65歳以上の高齢者が4月以降。一般は未定となっている。

 
写真=届いたワクチンはすぐ超低温冷凍庫に移した

このエントリーをはてなブックマークに追加

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。