氷点下でも春の気配 立春にネコヤナギ花穂膨らむ

2021年02月03日 のニュース

 3日は立春。暦の上では春の始まりを示すが、京都府福知山市の朝の最低気温は氷点下1・8度(午前4時23分)で、平年と比べ0・7度低かった。市街地では時折、雪がちらつき、季節が逆戻りした格好となった。

 音無瀬橋下流の由良川左岸河川敷で、落葉低木のネコヤナギが柔らかい花穂を付け始めた。

 厚中問屋町のアマチュア写真家、大地洋次郎さん(79)は由良川河川敷を散歩コースにしていて、毎年この時期にネコヤナギを観察。3日に花穂が付いている枝を見つけた。

 大地さんは「まだまだ寒い日が続きますが、ネコヤナギが穂を付けているのを見ると、春が近付いているなと感じます」と話している。
 
 
写真=花穂が膨らんだネコヤナギ(3日午前8時55分ごろ、大地さん撮影)

Tweet

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。