高齢者・妊婦にコロナ予防品を買えるクーポン券 福知山市が2万5千人に郵送

2021年02月01日 のニュース

 福知山市は2月3日から、新型コロナウイルス感染による重症化リスクが高い高齢者ら約2万5千人に、予防に必要な衛生用品の購入などに使える「ふくちやまふくふくクーポン券」を順次郵送する。同月中に終える予定で、クーポン券は約50カ所で使える。

クーポン券の配布対象者は、1月1日現在で市に住民登録があり、65歳以上(1956年1月1日以前に生まれた人)▽障害(身体障害者1、2級、療育手帳A)のある人▽妊婦(昨年4月1日から今年5月末までに妊娠届け出をした人または予定者)▽基礎疾患のある人。

基礎疾患のある人は2月3日以降に申請が必要。申請書は市のホームページからダウンロードできる。

クーポン券は1人あたり3千円分(500円券6枚)。有効期限は5月末。

マスクや消毒液、除菌シート、せっけん、フェースシールド、うがい薬などの衛生用品の購入や通院などを伴うタクシー料金などに使える。

たばこ・酒類、有価証券・金券の購入、公共料金・公共交通料金の支払いには利用できない。

使えるのは登録のあった小売店や事業所などで、「ふくふくクーポン券取扱店」と記したのぼりやステッカー、ポスターを掲示する。

問い合わせは市社会福祉課=電話0773(24)7087=へ。


写真=市民に郵送するふくふくクーポン券

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。