京都府中・北部の119番通報一元化 2024年開始へ事務協議会設置

2020年11月13日 のニュース

 京都府福知山市など亀岡以北の6消防本部で、消防指令センターを共同運用することが正式に決まった。福知山市消防本部にセンターを設置し、府中・北部地域からの119番通報を一手に受けて、各消防本部に出動指令を出す。運用開始は2024年4月をめざす。

 共同運用するのは、福知山、舞鶴、綾部、京丹後各市消防本部と京都中部、宮津与謝の消防組合で、管轄区域は7市3町に及ぶ。各地にある指令センターの維持費の削減、情報が一元化され迅速な応援が可能となるなどの利点がある。

 18年から検討会を設置して会議を重ねていて、各市町で9、10両月にあった議会の議決により、正式に運用されることが決まった。

 9日には、6消防本部でつくる消防指令事務協議会の設置式が、東羽合の市消防防災センターで開かれた。各消防長らが出席。代表して大橋一夫市長が府知事代理の綾城義治・府中丹広域振興局長に設置の届け出書を提出した。

 事務協議会は今後、人員配置など運用に向けた話し合いを行う。

 大橋市長は「近年、大規模な自然災害が発生しており、消防の果たす役割がますます重要となってくる。消防力の強化につながり、住民の安心と安全に大きく寄与できるものと確信している」とあいさつした。
 
 
写真=協議会設置の届け出書を提出する大橋市長(左)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。