「麒麟がくる」斎藤道三の稲葉山城が眼前に 生活衣館でVR体験

2020年09月09日 のニュース

 NHK大河ドラマ「麒麟がくる」に登場した斎藤道三の居城・稲葉山城の撮影スタジオを、立体映像で楽しめる体験会が京都府福知山市内記一丁目、市丹波生活衣館で開かれている。初回の5、6両日には計136人が専用のゴーグルを着け、視界の先に広がる大河の世界を堪能した。体験会は10月31日までの土、日曜日、祝日に行う。各日午前9時から午後5時まで。無料。

 大河の主人公は福知山城を築いた明智光秀。ドラマで光秀は前半生の美濃時代に道三に仕えており、これまでにたびたび稲葉山城の場面が放映された。

 生活衣館は福知山城の下にあり、城と一体的に楽しめるようにと官民連携組織・福知山光秀プロジェクト推進協議会がNHK京都放送局と協力して体験会を企画した。

 専用ゴーグルを着けると稲葉山城のスタジオが立体映像で現れ、道三がいる2階の広間や1階武器庫を自由に歩いて見て回れる。

 新型コロナウイルス感染予防と安全面に配慮して、同時体験は2人まで。体験者が壁などにぶつからないよう、スタッフが1人ずつ支援に付く。

 初日は「目の前」にある道三の甲冑に手を伸ばす人、城内階段を降りる動作をする人もいた。

 光秀推進協議会は「大河ドラマの登場人物の気分になって楽しんでもらいたい」としている。
 
 
写真上=専用ゴーグルを着けて稲葉山城を散策
写真下=立体映像で見える2階広間

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。