IH卓球京都府予選の代替大会で成美3年大槻愛花さんが優勝

2020年08月23日 のニュース

 インターハイ京都府予選の代替大会「京都府高校卓球選手権大会」が、福知山市猪崎の三段池公園総合体育館で18、19両日に開かれた。男女別のシングルスで、市内の4校を含め、男子468人、女子201人がエントリーし、トーナメント戦で競った。女子では、福知山成美3年の大槻愛花さんが優勝した。

 新型コロナウイルスの影響で、インターハイがなくなり、府予選や近畿大会も中止になった。このような状況のなか、東山高校卓球部の宮木操監督が「せめて3年生に試合の機会を」と、府高校体育連盟卓球専門部の役員会で提案した。

 ほかのメンバーも賛同し、開催が決定。最終的には1、2年生も参加できるようにした。原則は無観客とし、健康チェックシートの提出を義務付け、握手なしで、試合後には卓球台をペーパータオルで拭くなど、感染防止対策をして実施した。

 またカメラを各コート奥に設置し、全試合をネットで生配信するなど、子どもたちの雄姿が見られない保護者らへの配慮も。保護者や関係者らが、ネットを通して試合を見守った。

 初日は男子シングルスの5回戦まで行われ、ベスト32が出そろった。

 2日目の19日には、この続きと女子シングルスがあり、男子は東山2年の星優真君、女子は成美3年の大槻さんが優勝。このほか福知山勢では、成美1年の今岡未貴さんがベスト8に入った。
 
 
写真=熱戦の様子は各コートのカメラを通してネット配信された

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。