日韓の高校トップ選手集まり友好のラリー 卓球ジュニア交流試合

2019年11月20日 のニュース

 卓球の第23回日本・韓国ジュニア交流試合が、京都府福知山市猪崎の三段池公園総合体育館で開かれた。日韓両国の高校生トップ選手たちが集まり、試合を通して友好を深めた。日本オリンピック委員会、日本スポーツ協会、日本卓球協会主催。

2002年の日韓ワールドカップ(サッカー)に向けた交流として、1997年に始まって以来、これまで継続して実施。徴用工問題などで、両国の政治的な対立が深まる中、未来志向で友好関係を築くことが大切-との思いで、今年も予定通り取り組むことにした。

開催地は毎年変わり、福知山では初めての開催。12日から14日まで、日本は男女18人、韓国からは男女14人が参加。実力と実績のある選手ばかりで、日韓対抗で総当たりのリーグ戦、団体戦をした。試合前には、日韓の選手が一緒に練習する姿も見られた。


写真=一緒に練習する日韓の選手

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。