担々麺の店が台湾カステラ販売 試作重ね「シュワっと口の中で溶ける」商品に

2020年08月12日 のニュース

 京都府福知山市東羽合の千華(堀祐輔店主)は、新商品として「台湾カステラ」の販売を始めた。担担麺の専門店だが、堀店主が台湾旅行に出向いた際、台湾カステラの存在を知ってほれ込み、試作を重ねて納得のいく商品が完成した。

 以前はスイーツ店だった建物。新型コロナウイルスの影響で、3月にいったん休店。駅前町にある担坦麺専門店「千華」の2号店として、6月に再出発した。

 台湾カステラは9日から販売を始めた。自家製で無添加。甘さ控えめのビートグラニュー糖を使用していて、シュワっと口の中で溶ける食感が特長という。また冷凍したアイスカステラも、夏季限定で並べている。

 台湾カステラのホールサイズは1個1650円で、ハーフが900円、アイスカステラはひと切れ250円(各税込み)。ホールサイズについては、品切れになる場合があるため、前日までに予約すると確実に購入できる。

 堀店主(38)は「材料や作り方など、すべてにこだわった商品です。ぜひ一度、味わってみてください」と呼びかけている。

 千華2号店の営業時間は、午前11時~午後2時、午後5時30分~9時。月曜日はランチ営業のみ。火曜日、第3月曜日定休。ホールサイズの予約、問い合わせは、携帯電話070・3538・8991まで。
 
 
写真=新たに販売を開始した台湾カステラ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。