鴨すきの人気店が明治の旧家を修復して「とりなご久兵衛」開店

2020年06月18日 のニュース

 鳥料理専門の飲食店を経営する京都府福知山市の有限会社鳥名子(足立直美社長)は、下柳町の旧片岡家住宅を修復・復元し、「とりなご久兵衛」をこのほどオープンした。明治期に建てられた母屋など、文化的価値の高い建物で名物の鴨すきなどを楽しめる。

 中ノの本店、東京の恵比寿店、三軒茶屋店、茨城のひたちなか店、福知山の柳町店に次ぐ出店。

 旧片岡家住宅は、京都銀行の前身の一つ治久銀行を創設した呉服商、片岡久兵衛の店舗兼住宅。明治、大正、昭和の各時代に建てられた木造の母屋、離れなど3棟がある。

 向かいの自宅から、老朽化する状況を見ていた足立社長(71)が、「このまま朽ちさせるのは、もったいない」と、空き家だった旧片岡家住宅を購入。ここに店を出すことに決め、1年前から修復に取りかかった。

 国の文化財登録を目指していて、各時代の建築様式など文化的価値を残した。4月25日に開店予定だったが、新型コロナウイルスの影響で延期に。今月1日になって、ようやくオープンすることができた。

 部屋数は大小19室あり、団体客も利用可能。メニューは鴨すきのほか、焼き鳥や空揚げなど鳥料理が中心で、地元食材を使った料理を提供。ランチでは、油淋鶏や酢鶏も出している。

 営業時間はランチが午前11時~午後2時、ディナーが午後5時~11時。年末年始を除き無休で営業する。足立社長は「古風な空間で、手入れされた庭を眺めながら、ゆっくり過ごしてもらえれば」と話している。

■広小路商店街の土産店を併設■

 また広小路商店街振興組合の土産物が並ぶ販売店「広小路ミ・アーゲ」も、入り口すぐのレジ付近に併設した。福知山城のワンポイントが入ったタンブラー、明智光秀が描かれたマスキングテープなどを販売している。


写真=旧片岡家住宅を活用したとりなご久兵衛と足立社長

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。