旧町4組織が統合 朝来市観光協会が発足

2020年04月03日 のニュース

 兵庫県朝来市内の旧町ごとにあった4観光協会が統合して「朝来市観光協会」が、1日に発足した。

「平成の大合併」で4町が合併して朝来市が誕生し、商工会なども合併して市内1組織になっていたが、観光協会は生野、和田山、山東、あさご観光協会がそれぞれに活動を続けていた。

統合調印式は3月28日に和田山町玉置の和田山ジュピターホールであり、多次勝昭市長を立会人に、4協会の会長が調印した。

設立準備会の桐山徹郎会長が新協会の会長に就いた。観光協会の会員数は約1700人。

これまで市全域の観光マップ、パンフレットなどは市で作成するものしか無く、民間の飲食店などは紹介できなかったが、観光協会が一本化されたことで、民間施設を含めたプロモーションができるようになった。

 
写真=調印書を手にする新協会の桐山会長ら

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。