Wマスターズゲームズにエントリーを 福知山でソフトテニス

2020年03月20日 のニュース

 関西一円を会場に2021年5月14日から30日までの17日間開かれる「ワールドマスターズゲームズ2021関西」の受け付けが始まっている。世界最大級の、アマチュアスポーツの祭典。35競技59種目の多様な種目があり、ソフトテニス競技は福知山市内で実施。市実行委員会では「市民こぞってエントリーを」と呼びかけている。

 大会は1985年にカナダのトロントで始まり、デンマーク、オーストラリア、アメリカなど4年ごとに各地で開催。おおむね30歳以上であれば誰でも参加でき、来年は日本で開かれる。アジア初開催。

 5月14日に京都市での開会式で開幕。大阪市で閉会式がある30日までに、陸上競技、バドミントン、野球、ゲートボール、ボウリング、バレーボールなど、多様な競技が関西各地で行われる。

 このうちソフトテニス競技は猪崎の三段池公園テニスコートであり、市は大会に向けてコートを拡張中。現行の16面から20面に増やす予定で、今年7月に2面、来年度中にさらに2面増設する。

 上級者のアスリートと、経験の少ない人が対象のレクレーショナルの2部門がある。アスリートは年齢別の男女各ダブルス、レクレーショナルは男子、女子、ミックスいずれも可能とする。

 15日に開始式があり、16日から競技がスタート。各部で予選リーグと決勝トーナメントをして、23日に終了式をする。各カテゴリー別に1~3位にはメダルを授与するが、カテゴリーによっては1、2位のみの場合もある。

 マスターズゲームズの参加料は、日本国内在住者で1人1万5千円。この料金で5種目までエントリーでき、開会式と閉会式にも参加できる。Tシャツやリュックなど大会グッズがもらえる。6種目以降は、2千円の追加料金がかかる。

 申し込みは、ワールドマスターズゲームズ2021関西の公式ホームページから。問い合わせは市実行委事務局の市文化・スポーツ振興課、電話0773(24)7092へ。
 
 
写真=市実行委ではチラシなどで市民の参加を呼びかけている

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。