小さなフォトコンテスト あさご芸術の森美術館で入賞展

2020年03月15日 のニュース

大賞作品、金子正直さん(千葉県、17歳)「天と地上の照らし合い」

準大賞作品、中川桃奈さん(愛知県、17歳)「同時進行」

本多剣次さん(北海道、10歳)「生きてる雪だるま」

 全国の小中高校生を対象にした、兵庫県朝来市立あさご芸術の森美術館の写真コンテスト「小さなフォトグラファー展」の入賞入選者が決まった。大賞には千葉県佐倉市、金子正直さん(17)の作品「天と地上の照らし合い」が選ばれた。作品展は14日から多々良木の同美術館で開かれている。

 美術館の開館20周年を記念して2月28日まで公募していた。テーマは自由。スマートフォンで撮影したものでもかまわず、25都道府県から113人が190点を応募した。

 これを映像作家の藤原次郎さんが審査。レベルの高い作品が集まったことに驚きつつ「構図の工夫、被写体の選択、演出そして暗示。写真ならではの創作を感じる作品が多かった」と講評した。

 また「高級カメラを持ったらいい写真が撮れるとは限りません。限られた性能の中で最大限に使いこなす、それが道具なのです」とし、自分の個性を発見し磨くことを説いて、「洋画・日本画・抽象画・モダンアートなどあらゆる絵画から学ぶことも多い」と、薦めた。

 大賞作品については「アイデア、技術、構図、判断力など写真撮影における全ての大事なことが集約されている」と称賛した。

 準大賞は愛知県の高校生と北海道の小学生だった。福知山市からの入選は無かった。

 会期は5月6日まで。入賞・入選作品50点を展示する。

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。