青鬼モチーフの新車両 丹鉄宮福線で運行始開始

2020年03月14日 のニュース

 京都府北部の京都丹後鉄道(丹鉄)を運行するウィラートレインズ(寒竹聖一社長)は、鬼伝説の山・大江山のふもとを走る宮福線で新型KTR300形の2両目「KTR302号」の運行を14日に始めた。濃く暗い緑色の千歳緑(せんざいみどり)で塗装し、青鬼のような力強さと緑の優しさを演出した。

 昨年5月、23年ぶりに導入した同形の「KTR301号」は、大江山の赤鬼をモチーフにして鳶赤(とびあか)色にした。

 同社の前身、宮福鉄道が1988年の開業時に導入したMF100形、MF200形の後継車両としてKTR300形を製造し、順次入れ替えを進めている。2022年までに300形車両をさらに3両追加し、計5両で運行を予定している。

 車両は最大長18・5メートル、最大幅3・2メートルで、定員105人(うち座席41人)。デザインのコンセプトは、丹後地方のいにしえから現在の歴史、伝説の舞台となった山々と、天橋立をはじめとする丹後の海。丹鉄は山間部だけでなく、海沿いも走るため、車両を取り囲むように3本の帯をグラデーション状に配して、丹後の海のさざ波と山々に漂う朝霧を表現した。

 車内はシックなインテリアで統一し、青いシートは細かいさざ波、床は一面に広がる海、茶色の壁や窓柱は海辺に林立する松林、細かい木目を配した天井は、伸びやかな砂浜をそれぞれイメージした。

 車内には、フリーWi-FiやUSBポート、車いすでも利用できる広い多機能トイレを設けるなど設備を充実。フォグランプや耐雪ブレーキを備えるなどして積雪時などの安全性を確保した。
 
 
写真上=千歳緑の新車両
写真下=設備が充実した車内

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。