休校で卒業式出席できない在校生 “花道”つくり6年生見送る

2020年03月03日 のニュース

 京都府福知山市半田、修斉小学校(坂本幸彦校長、335人)で、新型コロナウイルスの感染防止策として23日の卒業式に出席できない1~5年生が、2日の下校時に6年生62人を見送った。3日から休校となり、全校児童がそろうのは2日が最後となっため、急きょ見送りの場を設けた。

 グラウンドに集まった1~5年生は、一定の間隔で並び“花道”をつくって、その中を6年生がゆっくりと歩いた。

 教諭たちも参加。「修斉の歌」をバックに流して、6年生たちを拍手や手拍子で送り、「バイバイ」「さようなら」などと声を掛けた。6年生たちは、恥ずかしそうにしながらも、下級生たちの気持ちをしっかりと受け止めて、笑顔で学校を後にした。

 坂本校長は、「子どもたちの思い出を大事にして、最後の会にしてほしいとの保護者の思いを受けて、実施しました。きょうはいつも以上に大勢の児童たちが学年にこだわらず、触れ合う遊びが見られました」と話していた。
 
 
写真=下級生たちがつくった花道を歩く6年生たち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。