休校の校舎で課題や読書 児童の見守り対応始まる

2020年03月03日 のニュース

 新型コロナウイルスの影響を受け、臨時休校となった京都府福知山市内の全19小学校で3日、保護者が仕事などで不在になる児童の見守り対応が始まった。保護者と登校した子どもたちは、各教室で自主学習に取り組んだ。

 水内の大正小学校(渡邉重則校長、368人)では、33人の児童が“登校”した。受付場所で、体調不良ではないか先生が確認したあと、両手をアルコール消毒して、各教室に移動。担任の先生から指示を受け、課題のプリントや読書に励んだ。

 渡邉校長は「休校中に預かっているので、不測の事態が起きないように見守りができればと思う」と話していた。
 
 
写真=自主学習に取り組む児童(3日午前9時20分ごろ、大正小で)

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。