「今は耐えるしか…」 ツアー、宴会予約取り消しなど新型コロナが地域経済に打撃

2020年03月01日 のニュース

 日本での新型コロナウイルス感染拡大によって、福知山城など明智光秀ゆかりの地を巡るバスツアーの中止、多くの人が集まる宴会の取りやめなど、京都府福知山市の経済面にも影響が出てきている。

 市内の状況を把握するため、福知山商工会議所は、27、28両日に市内の飲食店、製造業社にヒアリング調査をした。

 飲食店では、団体の宴会のキャンセルやツアー中止に伴い、光秀効果で増えていた来店者が減っており、3月の歓送迎会シーズンへの影響を心配する声があったという。

 福知山商議所では、資金繰りや従業員の休業など、新型コロナウイルスに関わる市内企業などからの相談を、特別窓口=電話(22)2108=で受け付けている。

 国、府の支援策を紹介するなどしており、「できることに限りはありますが、気軽に何でも相談を」と呼びかけている。

■早く終息してほしい 影響受ける飲食、旅行会社■

 ある宴会場によると、「(予約のあった)送迎会や同窓会、セミナーなどは、すべてキャンセルになりました。この現状を今は耐えるしかない」とこぼす。

 市内に支店のある旅行会社は「家族単位の旅行は、申し込みをいただいているが、海外や団体旅行はキャンセルが複数ある。春休みや大型連休の申し込みも止まっており、損害が出ている。早く終息してほしい」と話していた。
 
 
写真=福知山商工会議所が入る市商工会館

Tweet

春の購読キャンペーン

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。