印鑑証明など福知山市の用紙に光秀と麒麟の絵 限定12万枚

2020年01月14日 のニュース

 福知山ゆかりの明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送開始に合わせて、京都府福知山市が1月から、住民票の写しや印鑑登録証明書など証明書用紙の裏面に、光秀と麒麟のデザインを加えている。年末発行分までの12万枚限定で、なくなり次第終了する。

光秀と麒麟は、武将画イラストの巨匠、諏訪原寛幸さんが手がけた福知山オリジナルのもの。

対象は市民課と税務課が発行する各種証明書で、市役所3支所での発行分も含む。自動交付機の場合は光秀のイラストは入らない。

市は「通常の利用だけでなく、記念に取りたいという方もいらっしゃると思います。この機会に光秀への親しみが広がれば」と話す。

証明書用紙は、2007年から表面に大江山の雲海の図柄を取り入れている。18年度の証明書発行実績は約10万8千件だった。


写真=光秀と麒麟のイラストを入れた証明書

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。