種まき、草引き、収穫も 児童が育てたダイコンをレシピ付きで販売

2019年12月01日 のニュース

 京都府福知山市前田、雀部小学校(塩見俊樹校長)の6年生78人が30日、同校で自分たちで育てたダイコンを保護者らに販売した。キャリア教育の一環で、作物を一から育てることで、仕事の苦労や食の大切さなどを学ぼうと、種まきから始め、収穫もした。

 使われていなかった校内の畑を6月に先生らが開墾。児童らは地元住民の指導を受けながら、9月に種まきをしたあと、草引きや水やりなどの世話を続けた。29日に約50本を収穫。授業参観日の30日は、午前8時ごろから、販売を知らせるチラシを配り、ダイコンを西体育館前に並べて父母らに販売した。

 ダイコンと一緒に、ダイコンを使った料理5品のレシピやフェルトで作った「雀部大根」のマスコットキャラクターも渡した。約30分間で完売。収益金は被災地支援などに充てる予定にしている。

 購入した6年生の父親(45)は「立派に育っているので、炊いたり、みそ汁の具材にして食べたい」と話していた。

 井野妃菜さんは「思ったより細かったけど、大きいのも出来ていたので良かった。頑張って作ったかいがありました。レシピ通りの料理を作ってもらえればうれしい」と期待していた。

写真=ダイコンには料理のレシピも添えて渡した(30日午前8時10分ごろ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。