谷垣禎一氏を福知山市が名誉市民に

2019年11月26日 のニュース

 福知山市は25日、来月2日に開会する市議会12月定例会に上程する27議案を発表した。今年度一般会計補正予算案のほか、6人目の名誉市民選定、福知山鉄道館ポッポランド再建へ個人から2億円の寄付を受けることなどを盛り込んでいる。

 市は、財務大臣などを歴任し、秋の叙勲で旭日大綬章を受けた谷垣禎一氏(74)を名誉市民に選定すると発表した。

 谷垣氏は福知山を地盤に、衆院選京都5区選出で旧京都2区時代の1983年から12期34年にわたり国会議員を務めた。財務大臣、国土交通大臣、法務大臣などを歴任。自民党が野党に転じたあとの2009年から3年間は党総裁として先頭に立ち、政権奪還への土台を築いた。

 市議会の議決が得られれば、谷垣氏は6人目の名誉市民。父親の故・専一文部大臣も名誉市民であり、親子での選定となる。顕彰日は来年1月1日。
 
 
写真=国道429号の視察で当時の山田府知事(右)や地元住民らとともに改修促進へ気勢を上げる谷垣氏(中央)=2014年11月、法用で

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。