福知山商工会議所が役員一新 新会頭に塩見和之氏

2019年11月02日 のニュース

 福知山商工会議所は1日、京都府福知山市篠尾新町のM.(サンプラザ万助)で臨時議員総会を開いた。任期満了に伴う役員改選があり、新会頭に塩見和之氏(61)=前副会頭=を選任するなど、役員が一新した。

 総会には、議員70人のうち68人(委任状含む)が出席。会頭の選任は、議員数人からの推薦があり、全会一致で決定した。

 あいさつに立った塩見氏は「商工会議所の任務を遂行できるよう、力を尽くしたい。今後とも支援と協力をお願いします」と呼びかけた。

 前任の谷村紘一氏(79)は、前日に退任表明していた。1997年から22年2カ月にわたり、会頭を務めた。任期は歴代最長。産業フェアや中心市街地活性化に取り組むなど、福知山の経済活性化に尽力した。

 また、2013年に発生した福知山花火大会屋台爆発炎上事故では、大会主催者の道義的な立場から、被害者救済の示談交渉などに奔走した。

 新役員は次のみなさん。任期3年。いずれも新任。敬称略。
 会頭=塩見和之(中庄本店代表取締役社長)▽副会頭=北村篤(キタムラ代表取締役)、福島慶太(福島文進堂代表取締役)、中本宏樹(福知山重工業代表取締役)▽専務理事=柳井津佑健(前理事事務局長)
 
 
写真=あいさつする新会頭の塩見氏。一人おいて左が谷村前会頭

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。