子どもたちが赤い羽根の募金箱作り 三和の菟原児童館

2019年10月19日 のニュース

 京都府福知山市三和町菟原下二の菟原児童館(奥田正雄館長)に通う子どもたちが、赤い羽根共同募金の募金箱作りに取り組んでいる。完成したら11月の三和ふれあいフェスティバルで活用する。

 募金の運動期間は10月から来年3月まで。市内では福知山市社会福祉協議会が事務局を担当していて、社協三和支所(横田信子支所長)が「子どもたちに福祉へ関心を持ってもらいたい」と児童館に協力を依頼して、取り組むことになった。16日から作業を始め、11月10日のフェス当日までの毎週水曜日、計4回にわたって製作をする。

 牛乳パック2つを組み合わせて作った箱20個に、貼り絵のように紙片を貼り付けたり、メッセージカードを付ける。初日は小、中学生12人が参加。水色や黄色、ピンクの紙片をいろいろなデザインで貼り、メッセージカードに「募金お願いします」「ご協力よろしくお願いします」と書き込んだ。

 よく児童館を利用しているという三和小学校6年の塩見樺恋さんは「フェスに来た人の目に留まって、募金してもらえるような箱にしたいです。みんなで一緒に頑張って作りたい」と話していた。

 募金箱はイベント会場に置いたり、ボランティアが手に持って募金を呼びかけたりする。
 
 
写真=作業を進める子どもたち

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。