高校野球京都大会:成美エース小橋、乙訓に雪辱

2019年07月19日 のニュース

 第101回全国高校野球選手権京都大会で福知山成美はシード校の乙訓に延長10回2-1でサヨナラ勝ちした。成美の主戦は、福知山市牧の小橋翔大投手(3年)=成和中出身=。乙訓には今春と昨春の府大会で、小橋投手が完投して敗戦を喫していたが、雪辱を果たした。「イメージは良くなかったが、3回続けて負けるわけにはいかない」と終盤の再三のピンチを切り抜けた。

 珍しく2死球、暴投など乱れたところもあり「(投球内容は)前の試合の京都翔英戦の方が良かった」が、「自信があったので、いつもより強気で投げられた」と延長サヨナラ打を呼び込む粘りの投球を見せた。

 なお、乙訓戦の10回裏の先頭打者、原選手の三ゴロ失は安打に訂正された。

 

写真=乙訓戦で粘りの投球をする小橋投手

■共栄は21日、成美は22日に順延■

 大会14日目の19日は、雨のためわかさスタジアム京都の4回戦2試合が20日に順延となった。これに伴い、20日の予定だった京都共栄学園-洛東の4回戦は21日、同スタジアムの第1試合(午前9時30分開始予定)に変更となった。福知山成美は、準々決勝で立命館宇治と対戦することが決まった。試合日程は19日の試合が順延になったため、同スタジアムで22日の第2試合(午前11時開始予定)に行われる。今後の気象状況によっては再調整となる場合がある。

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。