トトロの葉みたい! 福知山幼稚園でエビイモ栽培

2019年07月20日 のニュース

 京都府福知山市岡ノ一町の福知山幼稚園(由良恵美園長)は、京の伝統野菜「エビイモ」を、園内の畑で栽培中。11月ごろの収穫に向け、園児たちが熱心に世話を続けている。

 エビイモは反り返った形、表面のしま模様がエビのように見えるのが特徴。肉質のキメが細かく、煮込んでも煮崩れしにくく、煮物やおでんなどに適していて人気が高い。

 園では、これまでから畑でサツマイモ、トウモロコシ、カボチャなどを栽培してきた。エビイモは、市内でも育てられており、食育や郷土愛を育む機会になればと、府中丹西農業改良普及センターから提案があり、初めて栽培することになった。

 栽培に向けて、ショベルカーで畑を拡張し場所を確保するところから始め、4月に植え付けた。4、5歳児58人が中心になって世話をしている。16日には普及センターの黒川真奈未さん(37)から指導を受けながら、移植ごてで土寄せ作業などをした。

 日光が当たりやすいようにと、親イモの葉をはさみで取り除く作業も体験し、終わってからは葉を使って、水遊びをした。親イモの葉は大きく、傘に見立て、先生がシャワーの雨を降らせたりして「トトロみたい」と大喜びだった。

 赤井里帆ちゃん(6)は「最初は小さかったのに、大きくなってきてうれしい。作業するのは楽しくて、早く食べてみたいです」と期待していた。

 

写真=取り除いた親イモの葉を傘にして遊んだ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。