高齢者が高額支払い そこへ怪しい電話-ローソン店長詐欺防ぐ

2019年05月28日 のニュース

 特殊詐欺被害防止に貢献したとして、京都府警福知山署(熊谷真人署長)は27日、コンビニのローソン福知山かしの木台店(梅原史店長)に府警特殊詐欺総合対策統括官感謝状、対応した梅原店長に福知山署長の感謝状を贈った。

 同署によると、11日に70歳代の男性が店を訪れ、チケットの予約や支払いなどができるマルチメディア端末「ロッピー」を使って30万円支払う方法を梅原店長に尋ねてきた。

 梅原店長は金額の大きさを不審に思い、男性に何のためかを尋ねたところ、「支払い」だと説明し、動揺しているようだった。この時、男性の携帯電話に犯人から掛かってきたため、代わりに梅原店長が電話に出て特殊詐欺の可能性があると判断。警察へ通報した。駆け付けた警察官の調べで特殊詐欺の電話だと判明し、被害を未然に防ぐことができた。「電話の利用プランの支払い」名目だったという。

 感謝状贈呈式で梅原店長は「日ごろから怪しい支払いなどがないか注意しています。男性が被害に遭われなくてよかった。これからも気を付けたい」と気を引き締めた。

 

写真=感謝状を受ける梅原店長

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。