元伊勢内宮でモリアオガエル産卵 乳白色の泡状の塊下がる

2019年05月23日 のニュース

 京都府福知山市大江町内宮、元伊勢内宮皇大神社(大林八十彦宮司)の境内で、モリアオガエルの産卵が始まった。泡状で乳白色の卵塊が枝にぶら下がっている。

 卵塊があるのは神社の奥、山すそにあるヒョウタン型の池の周囲で、毎年この時期、池の裏山に生息するモリアオガエルが産卵にやってくる。

 今年は今月初めに卵塊を作り始めた。直径は10~15センチほどあり、中に卵を産み付けている。現在は10個ほどが枝のあちこちにぶら下がる。

 多い時で50~60個ほどできる年もあり、枝の周囲が白くなることもあるという。産卵は6月初めごろまで続きそう。

 内宮神社の禰宜、田中眞澄さん(61)は「池の水は枯れることがないので、カエルにとっては良い条件になっているのでしょう。観察する時はマムシに注意してほしい」と話している。

 

写真=池の上の枝にできた卵塊

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。