由良川にアユ3トン放流 6月の解禁を前に

2019年05月23日 のニュース

 6月からのアユ釣り解禁に向け、由良川漁業協同組合(瀬野照義組合長)は京都府の由良川にアユを放流している。体長10センチから18センチ。管内の由良川水系で順番に放していく。

 組合では毎年、福知山、綾部、舞鶴などの由良川本流、支流で、漁を楽しんでもらおうと、アユの放流に取り組んでいる。今年は和歌山県日高川町産と滋賀県琵琶湖産のアユ計約3トンを放す計画にしている。

 21日には福知山市の音無瀬橋下流左岸側、安井、大江町波美の市内3カ所と、綾部市内3カ所の由良川本流で作業し、1カ所に約100キロずつ放流した。音無瀬橋下流では、組合員7人がトラックに積まれたアユをバケツで川まで運んだ。

 アユは跳びはねるような勢いで水に入り、元気よく流れの中を泳いでいった。

 漁協理事で福知山支部長の日和隆さん(70)は、「由良川で天然そ上のアユも確認しています。解禁日に向けて釣り場の草刈りなども進めているので、今年も由良川のアユを楽しみにしてほしい」と話す。

 アユ釣りの解禁は6月1日午前6時で、7月1日からは網漁が解禁される。漁には遊漁証が必要で、市内の釣具店などで購入できる。年券は1万円、日券は3千円。

 

写真=音無瀬橋下で稚魚を放流する組合員

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。