豊作へ期待膨らむ 報恩寺のタケノコ初出荷

2019年03月22日 のニュース

 春の味覚・タケノコの出荷が22日、名産地の京都府福知山市報恩寺で始まった。今年は、多くの出荷量を見込める表年で、初日には地元の集荷場に続々とタケノコが運び込まれ、豊作への期待が膨らんだ。

 報恩寺のタケノコは、柔らかく、えぐみが少ないため人気がある。出荷作業は、報恩寺筍生産グループ(松本良彦代表、約85人)が中心になって行っている。

 運ばれてきたタケノコは、全て地中に埋まっていた「上」、穂先のみ地表に出ていた「中」、3分の1ほどが地表に出ていた「小」に仕分けし、箱に詰めていく。

 今季の収穫量は30トンを見込んでいる。出荷は5月10日までの予定で、直売もする。問い合わせは集荷場、電話0773(32)0334へ。

 

写真=続々と運び込まれる仕分け作業をするグループのメンバーら(22日午前8時すぎ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。