プール開きが楽しみ! 水泳の授業を前に上豊小で大掃除

2022年06月06日 のニュース

 もうすぐ学校のプール開き。京都府福知山市畑中の上豊富小学校(塩見文雄校長、児童数91人)では、水泳の授業開始を前に、3年ぶりにプール掃除が行われた。学年ごとに担当場所を決め、体操着に着替えた児童が、デッキブラシなどを使い、丁寧に磨いた。

 プールを使うのは久しぶりのため、事前に教職員が大きな汚れは落としていた。

 1、2年生28人は小プールを担当。3、4年生25人はプールサイドなど周りのコケや汚れをきれいにした。

 仕上げに5、6年生38人がデッキブラシやたわしなどを使い、大プールの汚れを落とした。それぞれ約1時間ほどの短時間で終え、大人数が密集しないよう、時間をずらして取り組んだ。

 6年の加藤優羽さん、栗林歩星さん、清水優聖菜さんは「自分たちの手で汚れをきれいにできてよかったです。小学校最後のプール授業を友だちと楽しみたい」と期待していた。

 プール開きは14日の予定。感染症対策で、密にならないよう、例年は2学年ごとに行う授業を1学年ずつでする。児童たちは話をしないようにし、教師はマスクを着用して、水に慣れることを第一に指導することにしている。

 市内では、小規模校を中心に、同校のほか、上川口、庵我、六人部、大江、三和の5校がプール授業を予定している。

 
 

写真=プール開きに向け掃除をする児童たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。