昨年活躍の共栄高サッカー部が講師務め、小学生対象にクリニック

2022年01月13日 のニュース

 JFAのU18全日本フットサル選手権優勝、全国高校サッカー選手権京都大会で準優勝するなど、昨年目覚ましい成績を残した京都共栄学園高校サッカー部の選手たちが講師を務めるサッカークリニックがこのほど、京都府福知山市土の福知山フットボールフィールドで開かれた。参加した小学生は、高校生選手の技術力に目を丸くしながら、試合などを通して交流した。

 フットボールフィールドを運営するエフスリーのサッカースクール生が対象で、教室には1~6年の約90人が参加。2学年ごとの3ブロックに分けて行った。

 共栄サッカー部は、U18フットサル大会で優勝したメンバーらが指導。サッカーJ3のカターレ富山に入団内定したガブリエル・エンリケ・ナシメント・ドス・サントス君は、クリニックの進行を担当するなどした。

 2人1組でのパス回し、1対1のボールの奪い合いなど、ウォーミングアップをしたあと、試合で高校生チームにチャレンジ。小学生チームが、ドリブルやパスでうまくかわしてゴールを決めると、高校生も負けじとテクニックを披露し、盛り上がった。

 練習の合間には、「ポジションはどこなん」「憧れの選手とかおるん」など、高校生が優しく質問する場面も。各ブロックの最後には、ガブリエル君が各学年1人ずつMVPを選び、サイン入りのユニホームをプレゼントした。

 六人部小2年の大谷悠真君は「将来はサッカー選手になりたいと思っていて、お兄さんたちの上手なパス回しなど、とても勉強になりました」と喜んでいた。


写真=終始にこやかに楽しんだ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。