テナント誘致進んだ駅正面通り商店街、若手中心に理事一新

2022年01月11日 のニュース

 京都府福知山市の駅正面通り商店街振興組合(加盟店約65店舗)で、理事が30~40代の若手中心に一新された。理事長は、長年務めたヒトミ衣料の専務、人見茂さん(90)から、アパレル業のHEADFOOT(ヘッドフット)社長、岸本道徳さん(44)にバトンタッチ。「フレッシュなメンバーで、商店街を盛り上げたい」と意欲を燃やしている。

 これまで振興組合は、60代のメンバーが中心だったが、地元店主らでつくる福知山フロント株式会社が、空き店舗へのテナント誘致活動を進め、若い出店者が増えたことから、商店街の活性化をめざし、組合を改革することにした。

 理事12人のうち3人は、1年前に若手に代わっていて、残る9人は昨年11月末の臨時総会で交代。新規出店メンバーも多く含まれ、年齢は30~40代を中心に最高でも60代と、一気に若返った。

 理事長に岸本さん、専務理事は久世電気工業社長の久世純也さん(40)、会計には高見乳販の高見哲也さん(38)が就任した。

 岸本さんは「飲食店や美容室などの新規出店が進み、人通りが戻ってきた商店街を、さらに若い力で盛り上げたい。土曜夜店を現代風にアレンジしたイベント、サタデイズ・ナイトの復活のほか、クリーン作戦などをして、活性化していきたい」という。

 人見さんは「理事が高齢化してきていたので、若いメンバーに代わって安心しています。岸本さんは優れた手腕を持っているし、商店街の盛り上げに期待しています」と話している。


写真=一新された理事のメンバーと前理事長の人見さん(前列右から2人目)、理事長の岸本さん(同3人目)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。