地域を元気づける地酒「中六人部」 店頭販売始まる

2021年12月27日 のニュース

 京都府福知山市の中六人部(なかむとべ)地域で、村おこしにと造られた地酒「純米吟醸 中六人部」の店頭販売が、和久市町の酒販店「YAMASHO福知山店」でこのほど始まった。蔵元の東和酒造(今川新六社長)=上野=は「香りが良く、すっきり辛口のお酒です。ぜひ正月用にどうぞ」と呼びかける。

 地域のPRにつなげたいと、中六人部地域づくり協議会(藤田重行会長)が地酒づくりを企画し、今年で2年目になる。地元の農家、堀達晶さんが栽培した酒米・五百万石を使い、東和酒造が醸造。蔵出し後、数量限定でYAMASHOの店頭に並べた。

 価格は一升瓶(1・8リットル)が3300円、720ミリリットルが1650円。このほか、綾部市西町の佐々木酒店でも販売する。


写真=YAMASHO福知山店に並ぶ「純米吟醸 中六人部」

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。