ワクチン集団接種が終了し平常な会場に戻る 市武道館

2021年12月01日 のニュース

■対象市民のうち2回完了は86%■

京都府福知山市の新型コロナウイルスワクチンの集団接種が11月30日で終了し、主会場となった猪崎の市武道館では1日朝から撤収作業が行われている。医療従事者などの先行分、集団、個別を合わせて、対象となる12歳以上の市民のうち、2回の接種完了は86%(5万9054人)。市が目標としていた対象者に占める8割を達成している。

市はワクチン接種について、旧1市3町地域に各1カ所の特設会場を設けた集団接種と、医療機関などでの個別接種を併用した。

集団接種の旧3町会場はすでに撤収済みで、1日は市職員と業者が市武道館会場の片付けをしていて、同日中に完了する予定。5月末から集団接種会場として使われていた武道館は、半年ぶりに平常に戻る。

接種事業を担当する市福祉保健部の柴田みどり部長は「集団接種、個別接種とも大きな事故なくスムーズに取り組むことができました。医師会、薬剤師会の先生、看護師のみなさん、部を越えた市職員の協力にも感謝しています」と総括した。


写真=集団接種会場の市武道館で撤収作業が始まった

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。